スゴイ勢イ 
ikioi.exblog.jp
Top
東京アンダーグラウンド14巻感想。
2005年 06月 27日 *

(画像クリックで拡大します)

終わっちゃいましたねー、アングラ。自分が元々ガンガンを買い始めたのはこの作品が原因だったりするわけですが、
それはまた別のお話。

肝心の感想ですが、正直な話急いでまとめすぎた感が溢れ出てるような気がします。 

1つ、14巻中に華秦(ラスボス)と留美菜(主人公)の戦闘×2。
2つ、白龍とチェルシーの戦闘。
3つ、A級師兵2人との戦闘。しかもかたわれはシャルマの姉の仇。
戦闘だけで各5回。明らかに多すぎた。

それに龍の正体、ルリとサラサの会話とか入っちゃったりするもんだからもう大変。

ちなみに一番の燃えシーンは白龍vsチェルシー。主人公?誰それ。
チェルシーが重力使って白龍を浮かせたり、祟神の技使ったりする場面が秀逸。
まぁガンガン掲載時にはめっさ白かったせいもあるのかもしれませんが。
ところで白龍さんが
「このオレに・・・ダメージを与えたのは 華秦を除いてお前が初めてだ」とか偉そうなことぬかしてますが、

5巻で留美菜に傷つけられて同じこと言ってますからー!残念!!

何はともあれ最後は大団円で終わったアングラ。思えばアニメと同じような終わり方したな。
つーかこれ7年も続いてたんだね・・・。
そういえば祟神は結局いい所なしで終わったような?
つーか結局ヒロインはチェルシーでよかったのか。まいっか。('A`)
[PR]
by enchant552 | 2005-06-27 23:36 | 漫画